8月24日まで限定 新シーズン開幕記念「12ヵ月チケット10%早割」

P・ヤルヴィのショスタコーヴィチ「第6」、シベリウスの協奏曲はバティアシヴィリが独奏

2018年5月6日

ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
パーヴォ・ヤルヴィ

リサ・バティアシヴィリ

  • ジャン・シベリウス
    交響詩《夜の騎行と日の出》 (16分)

  • ジャン・シベリウス
    ヴァイオリン協奏曲ニ短調 (37分)

    リサ・バティアシヴィリヴァイオリン

  • ディミトリ・ショスタコーヴィチ
    交響曲第6番変ロ短調 (37分)

  • 無料映像

    パーヴォ・ヤルヴィ(聞き手:エマニュエル・パユ) (18分)

NHK交響楽団、ドイツ・カンマーフィルの首席指揮者として日本でも人気の高いパーヴォ・ヤルヴィが、5月1日のヨーロッパ・コンサートに続いてベルリン・フィルに客演しました。今回は、リサ・バティアシヴィリとのシベリウス&ショスタコーヴィチ・プログラム。シベリウスのヴァイオリン協奏曲は、情熱的で郷土色の強い曲調により、広く愛好されている傑作です。当演奏会は、ジャニーヌ・ヤンセンのソロで予定されていましたが、彼女のキャンセルを受けてバティアシヴィリが登場。華麗な演奏を披露しています。

後半はショスタコーヴィチの交響曲第6番。1939年11月5日のレニングラードでの初演は大きな喝采を浴び、その後の上演では熱狂した聴衆に応えて、終楽章がアンコール演奏されたほどでした。この作曲家のシンフォニーとしてはコンパクトな趣を持ち、抒情性と諧謔味を特徴としています。翌1940年にいち早くこの曲のアメリカ初演をしたレオポルド・ストコフスキーは、「ショスタコーヴィチはその創造的なファンタジーと音楽への自信を常に深めている巨匠だが、この第6番で彼は新たな次元に到達した」と誉め称えました。

Lisa Batiashvili appears by courtesy of Deutsche Grammophon Gesellschaft.

映像を観る

無料でお試し視聴!

無料でお試し視聴!

ラトル指揮によるベートーヴェン「交響曲第4&7番」を無料でご覧ください。

無料お試し視聴する