ビシュコフとバティアシヴィリがチャイコフスキーのヴァイオリン協奏曲で共演

チャイコフスキーのヴァイオリン協奏曲は、ロマン派のヴァイオリン協奏曲の代表作の一つです。その魅力は、心揺さぶる旋律、舞踏のようなリズム、そして華麗な技巧や表現力が求められる独奏パートにあります。そのような曲を聴く上で、リサ・バティアシヴィリは理想的なソリストといえるでしょう。ベルリン・フィルと長年のパートナーシップで結ばれているセミヨン・ビシュコフ指揮の演奏会では、このほかドヴォルザークの交響曲第7番が上演されました。

ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団

セミヨン・ビシュコフ

リサ・バティアシヴィリ

© 2020 Berlin Phil Media GmbH

関連インタビュー

おすすめ映像

ヘルプ お問い合わせ
ご利用方法 ニュースレター 教育機関用アクセス ご利用料金について クーポン券
会社情報 ご利用規約 プライバシーポリシー