年末年始キャンペーン:2枚組特典DVD付き12ヶ月チケット
ご購入者に次期首席指揮者キリル・ペトレンコの非売品DVDをもれなくプレゼント!
注文はこちらから

2016年6月26日
ヴァルトビューネ・コンサート2016

ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
ヤニック・ネゼ=セガン

リサ・バティアシヴィリ

  • ベドルジハ・スメタナ
    《我が祖国》より第2曲《モルダウ》 (14分)

  • アントニン・ドヴォルザーク
    ヴァイオリン協奏曲イ短調 (35分)

    リサ・バティアシヴィリヴァイオリン

  • アントニン・ドヴォルザーク
    交響曲第6番ニ長調 (47分)

  • アントニン・ドヴォルザーク
    スラヴ舞曲ト短調 Op.46-8 (4分)

  • パウル・リンケ
    《ベルリンの風》 (5分)

【この演奏会は、契約の都合により日本国内ではご視聴いただけません】2016年のヴァルトビューネ・コンサートは、ヤニック・ネゼ=セガンの指揮。ドヴォルザークの交響曲第6番やスメタナの《モルダウ》などのチェコ音楽が演奏されました。ネゼ=セガンは、カナダ出身の若手指揮者で、ベルリン・フィルでは着々と活動の幅を広げてきました。このコンサートは、彼のヴァルトビューネ・デビューとなります。ドヴォルザークの協奏曲のソロを務めたのは、今が旬のヴァイオリニスト、リサ・バティアシヴィリです。

EuroArts

© 2016 EuroArts Music International

映像を観る

無料でお試し視聴!

無料でお試し視聴!

ラトル指揮によるベートーヴェン「交響曲第4&7番」を無料でご覧ください。

無料お試し視聴する