この演奏会は、契約の都合により日本でのライブ中継はありません(NHKによるテレビ放送あり。詳細は説明文参照)

この演奏会は、契約の都合により日本でのライブ中継はありません(NHKによるテレビ放送あり。詳細は説明文参照)
この映像は現在編集中です。近日中にアップされます。

2018年6月20日

ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
サー・サイモン・ラトル

  • グスタフ・マーラー
    交響曲第6番

【この映像は、契約の都合により日本でのライブ中継はありません。アーカイブ映像は、2018年9月1日よりアップされます。なお2018年7月15日深夜24時より、NHK BSプレミアム「プレミアムシアター」で放送される予定です】サイモン・ラトルは、1987年にマーラーの交響曲第6番でベルリン・フィルにデビューしました。彼はデビュー演奏会について後日、「このオーケストラは自分の声となるだろうと思った」と語っています。その後、2002年に首席指揮者・芸術監督に就任しましたが、同ポストでの最後の定期演奏会となるこの公演でも、同じ作品を取り上げます。これにより、30年にわたる円環が閉じることになります。ご期待ください。

映像を観る

無料でお試し視聴!

無料でお試し視聴!

ラトル指揮によるベートーヴェン「交響曲第4&7番」を無料でご覧ください。

無料お試し視聴する