8月24日まで限定 新シーズン開幕記念「12ヵ月チケット10%早割」

ラトルがブラームスのピアノ四重奏曲(シェーンベルク版)を指揮

2009年11月7日

ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
サー・サイモン・ラトル

エヴェリン・ヘルリツィウス

  • アルノルト・シェーンベルク
    映画の一場面への伴奏音楽 (10分)

  • アルノルト・シェーンベルク
    モノドラマ《期待》 (32分)

    エヴェリン・ヘルリツィウスソプラノ

  • ヨハネス・ブラームス
    ピアノ四重奏曲第1番ト短調(アルノルト・シェーンベルクのオーケストレーションによる) (47分)

  • 無料映像

    ジョン・カリュー、シェーンベルクの《期待》について語る (18分)

サイモン・ラトル指揮のこの公演では、シェーンベルクの感覚的な側面を対照的に描き出します。映画の一場面の伴奏音楽とモノドラマ《期待》では息苦しいまでの野蛮と心理的な不安が支配しますが、自身のオーケストレーションによるブラームスのピアノ四重奏曲第1番は高揚に満ちあふれた音楽になっています。《期待》のソリストは、ソプラノのエヴェリン・ヘルリツィウスです。

 

 

EMI Sir Simon Rattle appears by kind permission of EMI Classics.

 

映像を観る

無料でお試し視聴!

無料でお試し視聴!

ラトル指揮によるベートーヴェン「交響曲第4&7番」を無料でご覧ください。

無料お試し視聴する