ラトルがマーラーの交響曲第2番《復活》を指揮

グスタフ・マーラーの「交響曲第2番《復活》」は1895年、ベルリン・フィルにより初演されました。またこの作品は、サー・サイモン・ラトルのキャリアにおいても、重要な位置を占めています。マーラー・ツィクルス(2009~10年)でも上演されていますが、この演奏会では、ご好評にお応えしてリバイバル演奏が行われました。

ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団

サー・サイモン・ラトル

カミッラ・ティリング

ベルナルダ・フィンク

ベルリン放送合唱団

コンサート解説

© 2012 Berlin Phil Media GmbH

関連インタビュー

おすすめ映像

ヘルプ お問い合わせ
ご利用方法 ニュースレター 教育機関用アクセス ご利用料金について クーポン券
会社情報 ご利用規約 プライバシーポリシー