2011年6月2日

ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
サー・サイモン・ラトル

  • アルバン・ベルク
    管弦楽のための3つの小品 (22分)

  • グスタフ・マーラー
    交響曲第6番 (90分)

  • 無料映像

    サー・サイモン・ラトル、ベルリン・フィルの2011/12年シーズンを語る (11分)

ラトルは1987年11月のベルリン・フィル・デビューでマーラーの「第6交響曲」を指揮しました。それ以降は、2005年にウィーン・フィルとベルリン・フィルの初共演の際に指揮したきり。つまり、彼にとって非常に重要な機会で取り上げてきた作品ですが、作曲したマーラー自身にとっても大きな転機となった曲といえるでしょう。

マーラーは交響曲第6番で伝統的な4楽章形式を取り、調性的にもイ短調で開始し終結するなど、それまでの作曲形式に比べて古典的な傾向を示しています。しかし音楽的には、過去の交響曲にはなかった激しい表現を行い、また特殊な打楽器を積極的に取り入れています。とりわけ終楽章では、ハンマーを打ち鳴らすという常識では考えられない表現手段を取り、初演では聴衆を当惑させました。

当晩は、ベルクの「管弦楽のための3つの小品」で開始されますが、この作品は、まさにマーラーの「第6」の衝撃により生まれた作品といえるでしょう。ラトルは、「この作品は、明らかに交響曲第6番の子供です。ジョン・アダムスは、”マーラー第6をゴミのプレス機に入れて凝縮させ、コンパクトにした作品”と呼んでいます」と語っています。

映像を観る

無料でお試し視聴!

無料でお試し視聴!

ラトル指揮によるベートーヴェン「交響曲第4&7番」を無料でご覧ください。

無料お試し視聴する