コンサート

コンサート解説

ヴェルディが75歳のときに書き上げた《オテロ》は、比類なきドラマ性と叙情的な歌を兼ね備えた、この作曲家の一つの到達点といえる傑作です。今年のバーデン=バーゼン・イースター音楽祭でズービン・メータ指揮により舞台上演された後、本拠地のフィルハーモニーで演奏会形式上演されました。ソホモニアン(テノール/オテロ)、ヨンチェヴァ(ソプラノ/デズデーモナ)を始めとする卓越した歌手アンサンブル、ベルリン放送合唱団という顔ぶれによる公演は、「この音楽のこれ以上の演奏はないだろう」(『ベルリーナー・ツァイトゥング』紙)と賞賛されました。

ヘルプ お問い合わせ
ご利用方法 ニュースレター 教育機関用アクセス ご利用料金について クーポン券
会社情報 ご利用規約 プライバシーポリシー