ぺトレンコがラフマニノフとチャイコフスキーを指揮

キリル・ペトレンコ指揮による当公演では、彼の「音楽の故郷」ともいえるロシア音楽からチャイコフスキーとラフマニノフの標題付きの作品が演奏されました。シェークスピアの戯曲を題材にしたチャイコフスキーの幻想序曲《ロメオとジュリエット》と幻想曲《フランチェスカ・ダ・リミニ》。ラフマニノフからは、アルノルト・ベックリンの同名の絵画に啓示を受けて書かれた交響詩《死の島》をお聴きいただきます。

ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団

キリル・ペトレンコ

© 2020 Berlin Phil Media GmbH

関連インタビュー

おすすめ映像

ヘルプ お問い合わせ
ご利用方法 ニュースレター 教育機関用アクセス ご利用料金について クーポン券
会社情報 ご利用規約 プライバシーポリシー