ぺトレンコがラフマニノフとチャイコフスキーを指揮

ぺトレンコがラフマニノフとチャイコフスキーを指揮
この映像は現在編集中です。近日中にアップされます。

2021年1月16日

ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
キリル・ペトレンコ

  • ピョートル・イリイチ・チャイコフスキー
    幻想序曲《ロメオとジュリエット》

  • セルゲイ・ラフマニノフ
    交響詩《死の島》

  • ピョートル・イリイチ・チャイコフスキー
    幻想曲《フランチェスカ・ダ・リミニ》

  • 開演約15分前から:キリル・ペトレンコ(聞き手:ドミニク・ヴォレンヴェーバー)

キリル・ペトレンコ指揮による当公演では、彼の「音楽の故郷」ともいえるロシア音楽からチャイコフスキーとラフマニノフの標題付きの作品が演奏されます。シェークスピアの戯曲を題材にしたチャイコフスキーの幻想序曲《ロメオとジュリエット》と幻想曲《フランチェスカ・ダ・リミニ》。さらに、ラフマニノフの交響詩《死の島》をお聴きいただきます。

映像を観る

デジタル・コンサートホール 無料お試し視聴

デジタル・コンサートホール 無料お試し視聴

首席指揮者キリル・ペトレンコのプレイリストを公開中!ベートーヴェン「交響曲第9番」、チャイコフスキー《悲愴》等の全曲が無料でご覧いただけます。

無料で視聴する