インタビュー
2021年1月14日

キリル・ペトレンコ(聞き手:ドミニク・ヴォレンヴェーバー) (12分)

キリル・ペトレンコ指揮による当公演では、彼の「音楽の故郷」ともいえるロシア音楽からチャイコフスキーとラフマニノフの標題付きの作品が演奏されました。シェークスピアの戯曲を題材にしたチャイコフスキーの幻想序曲《ロメオとジュリエット》と幻想曲《フランチェスカ・ダ・リミニ》。ラフマニノフからは、アルノルト・ベックリンの同名の絵画に啓示を受けて書かれた交響詩《死の島》をお聴きいただきます。インタビューの聞き手は、ベルリン・フィルのイングリッシュホルン奏者、ドミニク・ヴォレンヴェーバーです。

コンサート