ペトレンコとコパチンスカヤがハルトマンで共演

ハルトマンの《葬送協奏曲》ほど、ナチス時代の恐怖を音楽で表現した作品はないでしょう。キリル・ペトレンコとの共演でソリストを務めたのは、アーティスト・イン・レジデンスのパトリシア・コパチンスカヤ。続いて、ハルトマンが尊敬してやまなかったストラヴィンスキーのバレエ音楽《火の鳥》が演奏されました。両者ともに、現代的でありながら感情を揺さぶる音楽を目指していた点で共通しています。

ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団

キリル・ペトレンコ

パトリシア・コパチンスカヤ

© 2021 Berlin Phil Media GmbH

関連インタビュー

おすすめ映像

ヘルプ お問い合わせ
ご利用方法 ニュースレター 教育機関用アクセス ご利用料金について クーポン券
会社情報 ご利用規約 プライバシーポリシー