2021年9月18日

ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
キリル・ペトレンコ

パトリシア・コパチンスカヤ

  • カール・アマデウス・ハルトマン
    ヴァイオリンと弦楽のための《葬送協奏曲》 (27分)

    パトリシア・コパチンスカヤヴァイオリン

  • イゴール・ストラヴィンスキー
    バレエ音楽《火の鳥》 (53分)

  • 無料映像

    キリル・ペトレンコ、パトリシア・コパチンスカヤ(聞き手:コルネリア・ガルテマン) (12分)

  • 無料映像

    キリル・ペトレンコ(聞き手:コルネリア・ガルテマン) (4分)

ハルトマンの《葬送協奏曲》ほど、ナチス時代の恐怖を音楽で表現した作品はないでしょう。キリル・ペトレンコとの共演でソリストを務めたのは、アーティスト・イン・レジデンスのパトリシア・コパチンスカヤ。続いて、ハルトマンが尊敬してやまなかったストラヴィンスキーのバレエ音楽《火の鳥》が演奏されました。両者ともに、現代的でありながら感情を揺さぶる音楽を目指していた点で共通しています。

映像を観る

デジタル・コンサートホール 無料お試し視聴

デジタル・コンサートホール 無料お試し視聴

首席指揮者キリル・ペトレンコのプレイリストを公開中!ベートーヴェン「交響曲第9番」、チャイコフスキー《悲愴》等の全曲が無料でご覧いただけます。

無料で視聴する