2021年10月2日

ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
ヘルベルト・ブロムシュテット

  • アントン・ブルックナー
    交響曲第5番変ロ長調(ノヴァーク版) (85分)

  • 無料映像

    ベルリン・フィル団員、ヘルベルト・ブロムシュテットについて語る (8分)

ブルックナーの交響曲第5番は、人生の危機の記録といえます。この曲が書かれた当時50歳だったブルックナーは作曲家として認められていたわけでも、苦しいほど憧れていた人生の伴侶を見つけたわけでもありませんでした。しかし、自信に満ちた終楽章の構成と荘厳なコラールによって、この交響曲は落胆というよりもむしろ反抗心を示しています。現代のブルックナーの優れた解釈者の一人であるヘルベルト・ブロムシュテットが指揮したこの公演は、「その場に居合わせたことが嬉しくなるような魔法の瞬間が生まれた」(rbbkultur)と評されました。

映像を観る

デジタル・コンサートホール 無料お試し視聴

デジタル・コンサートホール 無料お試し視聴

首席指揮者キリル・ペトレンコのプレイリストを公開中!ベートーヴェン「交響曲第9番」、チャイコフスキー《悲愴》等の全曲が無料でご覧いただけます。

無料で視聴する