ブロムシュテットがシューベルトとベートーヴェンを指揮

長年にわたりベルリン・フィルと芸術的な友好関係にあるヘルベルト・ブロムシュテットが登場しました。前半のシューベルト「交響曲第3番」は、作曲家が18歳のときの作品。『フランクフルター・アルゲマイネ・ツァイトゥング』紙の評によれば、その演奏は「魔法のような輝き」を放ちました。メインプロは、ベートーヴェンの交響曲第7番。「作品数は少なくとも、それらに徹底的に取り組んで指揮すること」を信条とするブロムシュテットのタクトにより、2つの作品に共通する喜びの雰囲気に満ちた演奏をお聴きください。

ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団

ヘルベルト・ブロムシュテット

© 2022 Berlin Phil Media GmbH

関連インタビュー

おすすめ映像

ヘルプ お問い合わせ
ご利用方法 ニュースレター 教育機関用アクセス ご利用料金について クーポン券
会社情報 ご利用規約 プライバシーポリシー