ペトレンコがシュルホフ、シニガーリャ、ツェムリンスキーを指揮

「ロスト・ジェネレーション」をテーマにしたシーズンの一環として、キリル・ペトレンコがナチス時代に迫害を受けた3人のユダヤ人作曲家の作品を指揮しました。シュルホフの交響曲第2番は、ジャズなどのスタイルを取り入れた書法で魅了します。コンサートマスターのノア・ベンディックス=バルグリーがソロを弾いたのは、イタリア的な情熱に満ちたレオーネ・シニガーリャの2つの作品。リーゼ・ダヴィドセンとクリスティアン・ゲルハーヘルを独唱に迎えたツェムリンスキーの《抒情交響曲》について、『ターゲスシュピーゲル』紙は「忘れられない夜の勝利のフィナーレ」と評しました。

ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団

キリル・ペトレンコ

ノア・ベンディックス=バルグリー

リーゼ・ダヴィドセン

クリスティアン・ゲルハーヘル

© 2022 Berlin Phil Media GmbH

関連インタビュー

アーティスト

キリル・ペトレンコ 首席指揮者 (2019年より現職)
エルヴィン・シュルホフ 作曲
レオーネ・シニガーリャ 作曲
ノア・ベンディックス=バルグリー ヴァイオリン
アレクサンダー・ツェムリンスキー 作曲
リーゼ・ダヴィドセン ソプラノ
クリスティアン・ゲルハーヘル バリトン

おすすめ映像

ヘルプ お問い合わせ
ご利用方法 ニュースレター 教育機関用アクセス ご利用料金 クーポン券
会社情報 ご利用規約 プライバシーポリシー