ネルソンスがストラヴィンスキーの《春の祭典》を指揮

ストラヴィンスキーのバレエ《春の祭典》は、当時の音楽界にセンセーションを巻き起こした作品ですが、その強烈なリズムが持つエネルギーは、聴き手をダイレクトに揺さぶります。当公演の指揮はアンドリス・ネルソンス。コンサートの冒頭には、ユーリ・レインヴェーレによるモーツァルトの姉マリア・アンナへのオマージュが演奏されます。ヴァインベルクのトランペット協奏曲は閃光のようなヴィルトゥオジティとアイロニーを持つこの作品で、ここではスウェーデン出身のホーカン・ハーデンベルガーがソロを務めます。

ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団

アンドリス・ネルソンス

ハーカン・ハーデンベルガー

© 2021 Berlin Phil Media GmbH

おすすめ映像

ヘルプ お問い合わせ
ご利用方法 ニュースレター 教育機関用アクセス ご利用料金について クーポン券
会社情報 ご利用規約 プライバシーポリシー