ネルソンスと内田光子がシェーンベルクのピアノ協奏曲で共演

Arnold Schoenberg’s Piano Concerto is a seminal work of Modernism, but pianist Mitsuko Uchida also finds “lightness, serenity and sadness” in it. For her, the Concerto is an homage to the Viennese musical culture that Schoenberg came from. An impressive work from this tradition is Anton Bruckner’s solemn Seventh Symphony. Andris Nelsons, a Bruckner specialist from the younger generation, conducts the Berliner Philharmoniker.

ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団

アンドリス・ネルソンス

内田光子

© 2022 Berlin Phil Media GmbH

おすすめ映像

ヘルプ お問い合わせ
ご利用方法 ニュースレター 教育機関用アクセス ご利用料金について クーポン券
会社情報 ご利用規約 プライバシーポリシー