ヤルヴィがベートーヴェンと細川俊夫の新作を指揮

ベートーヴェンは交響曲第3番《英雄》において、自らのもっとも勇敢な側面を表現しました。この作品の思慮深さと舞踏的な面を描き出すことにおいて、本公演の指揮を務めるパーヴォ・ヤルヴィは理想的な指揮者であるといえるでしょう。それに対して細川俊夫の音楽は、示唆に富み、神秘的で、まったく異なる音世界を呼び覚まします。今回が世界初演となるヴァイオリン協奏曲の独奏を務めるのは、ベルリン・フィルの第1コンサートマスター、樫本大進です。

ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団

パーヴォ・ヤルヴィ

樫本大進

© 2022 Berlin Phil Media GmbH

おすすめ映像

ヘルプ お問い合わせ
ご利用方法 ニュースレター 教育機関用アクセス ご利用料金について クーポン券
会社情報 ご利用規約 プライバシーポリシー