ブロムシュテットがステーンハンマルの交響曲第2番を指揮

ブロムシュテットがステーンハンマルの交響曲第2番を指揮
この映像は現在編集中です。近日中にアップされます。

2019年5月18日

ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
ヘルベルト・ブロムシュテット

イェフィム・ブロンフマン

  • ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン
    ピアノ協奏曲第2番変ロ長調 (37分)

    イェフィム・ブロンフマンピアノ

  • ヴィルヘルム・ステーンハンマル
    交響曲第2番ト短調 (52分)

  • 無料映像

    へルベルト・ブロムシュテット(聞き手:シュテファン・シュルツェ) (19分)

スウェーデン出身のヘルベルト・ブロムシュテットは、91歳という高齢ながら矍鑠とした指揮で知られますが、ベルリン・フィルにもほぼ毎年登場しています。今回取り上げるのは、母国の作曲家ステーンハンマル。当初ドイツ・ロマン派の影響を受けていた彼は、1910年頃より北欧的なスタイルを打ち出すようになり、その最初の成果が「交響曲第2番」であると言われています。一方、ベートーヴェンのピアノ協奏曲第2番で独奏するのは、イスラエル=アメリカのピアニスト、イエフィム・ブロンフマンです。豪快な演奏技巧で知られる存在ですが、近年はベートーヴェンのピアノ協奏曲を継続的に演奏し、高い評価を得ています。

映像を観る

無料でお試し視聴!

無料でお試し視聴!

ラトル指揮によるベートーヴェン「交響曲第4&7番」を無料でご覧ください。

無料お試し視聴する