I・フィッシャーがマーラーの交響曲第1番を指揮

指揮者のイヴァン・フィッシャーは、マーラーの交響曲第1番《巨人》への愛着をこう語ります。「私にとって非常に身近な作品です。おそらく、マーラーが持っていた庶民的で環境に同化していったユダヤ的背景を、私自身もこの曲の中に見出すことができるからでしょう」。フィッシャーはこの他、マーラーと同時代のR・シュトラウス《ばらの騎士》よりワルツと、二重小協奏曲を指揮します。後者で独奏を務めるのは、ベルリン・フィルのソロ奏者であるクラリネットのヴェンツェル・フックスとファゴットのシュテファン・シュヴァイゲルトです。

ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団

イヴァン・フィッシャー

ヴェンツェル・フックス

シュテファン・シュヴァイゲルト

© 2022 Berlin Phil Media GmbH

おすすめ映像

ヘルプ お問い合わせ
ご利用方法 ニュースレター 教育機関用アクセス ご利用料金について クーポン券
会社情報 ご利用規約 プライバシーポリシー