特別キャンペーン
12ヵ月チケット購入者全員に、K・ペトレンコ指揮ベートーヴェン「第9」の特典CD/DVDをプレゼント!
注文はこちらから

ティーレマンがオール・シュトラウス・プログラムを指揮

ティーレマンがオール・シュトラウス・プログラムを指揮
この映像は現在編集中です。近日中にアップされます。

2019年12月7日

ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
クリスティアン・ティーレマン

アニヤ・カンペ

  • リヒャルト・シュトラウス
    16管楽器のためのソナチネ第1番ヘ長調《傷病兵の仕事場から》

  • リヒャルト・シュトラウス
    ヘルダーリンの詩による3つの讃歌

    アニヤ・カンペソプラノ

  • リヒャルト・シュトラウス
    《ばらの騎士》組曲

R・シュトラウスの音楽を得意とするクリスティアン・ティーレマンによる、オール・シュトラウス・プログラムです。16管楽器のためのソナチネ第1番、ヘルダーリンの詩による3つの讃歌(ソプラノ独唱はアニヤ・カンペ)という比較的珍しいレパートリーの後に、シュトラウス最大のヒット作の一つである《ばらの騎士》組曲が奏でられます。ドラマティックでメランコリック、そしてどこまでも美しいこのオペラの音楽を、ティーレマンはどのように聴かせてくれるでしょうか。

映像を観る

無料でお試し視聴!

無料でお試し視聴!

ラトル指揮によるベートーヴェン「交響曲第4&7番」を無料でご覧ください。

無料お試し視聴する