ジルベスター・コンサート1996のテーマは、ラプソディ&ジプシー

1996年12月31日
ジルベスター・コンサート1996

ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
クラウディオ・アバド

スウェーデン放送合唱団, マキシム・ヴェンゲーロフ

  • ヨハネス・ブラームス
    ハンガリー舞曲第1&10番 (6分)

  • ヨハネス・ブラームス
    《ジプシーの歌》作品103より第1曲〈さあ、ジプシーよ〉 第2曲〈高く波立つリマの流れよ〉 第3曲〈知っているかい〉 第4曲〈神様、お分かりですね〉 第9曲〈どこへ行っても〉 (7分)

    スウェーデン放送合唱団, トヌ・カリユステ合唱指揮

  • モーリス・ラヴェル
    演奏会用狂詩曲《ツィガーヌ》 (10分)

    マキシム・ヴェンゲーロフヴァイオリン

  • ヨハネス・ブラームス
    ハンガリー舞曲第7番 (3分)

    マキシム・ヴェンゲーロフヴァイオリン

  • ヨハネス・ブラームス
    ハンガリー舞曲第17&21番 (5分)

  • ヨハネス・ブラームス
    《ハープが豊かに鳴り響く》 (4分)

    シュテファン・ドールホルン), マリー=ピエール・ラングラメハープ), スウェーデン放送合唱団, トヌ・カリユステ

  • ヨハネス・ブラームス
    《愛の歌》より抜粋 (12分)

    スウェーデン放送合唱団, トヌ・カリユステ合唱指揮

  • モーリス・ラヴェル
    管弦楽のための舞踏詩《ラ・ヴァルス》 (13分)

  • ヨハネス・ブラームス
    ハンガリー舞曲第5番 (2分)

  • エクトル・ベルリオーズ
    《ファウストの劫罰》より〈ラコッツィ行進曲〉 (6分)

The Berliner Philharmoniker and Claudio Abbado bid farewell to 1996 in the Philharmonie with a programme full of verve and flavour. The theme was the world of gypsies and of dance as portrayed in the works of Brahms and Ravel. The evening’s soloist was Maxim Vengerov – who the All Music Guide described as an “astoundingly fine violinist with limitless technique, endless tone, and bottomless soul”.

Johannes Brahms loved the music of the gypsies ever since the days of his youth, when many gypsy bands used to play on the streets of his home town, Hamburg. This passion was reflected in Brahms’ rousing Hungarian Dances and also in his Zigeunerlieder (gypsy songs) which – particularly in this lively performance by the Swedish Radio Choir – come across like mini musical dramas.

Two works by Ravel provide music of a darker hue in this concert: the Tzigane for violin and orchestra, where virtuosity and melancholy are unusually combined, and La Valse, which looks in the musical direction of Hungary’s close neighbour, Austria. In this tone poem, a Strauss-influenced waltz swirls intoxicatingly ever faster until it becomes a “deadly maelstrom” (Ravel).

However, the critic of the magazine Gramophone was doubtlessly correct when he described the evening as a “fun occasion, with Claudio Abbado smiling during the performances more than I can ever remember, drawing out the most affectionate as well as the most polished playing.”

EuroArts

© 1996 EuroArts Music International

映像を観る

無料でお試し視聴!

無料でお試し視聴!

ラトル指揮によるベートーヴェン「交響曲第4&7番」を無料でご覧ください。

無料お試し視聴する