カラヤン指揮:ワーグナー《ラインの黄金》(スチュワート、ファスベンダー、シュライヤー主演)

ヘルベルト・フォン・カラヤンとベルリン・フィルによるワーグナーの演奏には他にはない独特のクォリティがあります。ワーグナーの甘美な響きや巧妙に書かれたスコアを実現する演奏者たちの能力の高さが、こぞって賞賛されました。声量の大きさもありますが、主人公たちのやわらかい情感を伝えることができたのは、カラヤンの手腕によるものでした。トーマス・スチュワート、ブリギッテ・ファスベンダー、ペーター・シュライアー出演の《ラインの黄金》の収録は、カラヤンによるワーグナー・オペラの舞台上演を記録した唯一のものです。

ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団

ヘルベルト・フォン・カラヤン

トーマス・スチュワート

ブリギッテ・ファスベンダー

ペーター・シュライヤー

ゾルターン・ケレメン

ジャニーヌ・アルトマイヤー

ゲルハルト・シュトルツェ

ゲルト・ニーンシュテット

ルイ・ヘンドリックス

ヘルミン・エッサー

ヴラディミール・デ・カネル

ビルギット・フィニラ

エヴァ・ランドヴァ

エッダ・モーザー

リゼロッテ・レープマン

概要

© 1981 Unitel

おすすめ映像

ヘルプ お問い合わせ
ご利用方法 ニュースレター 教育機関用アクセス ご利用料金について クーポン券
会社情報 ご利用規約 プライバシーポリシー