ポートレート:マルクス・ヴァイトマン

「ベルリン・フィル団員とその楽器たち」シリーズにファゴットが初登場します。今回紹介されるのは、1997年からベルリン・フィルの奏者を務めるマルクス・ヴァイトマン。ヴァイトマンはここで、木管セクションの最低音楽器であるファゴットの特徴や手のかかるリード作り。さらに、バルトークの「管弦楽のための協奏曲」といった個人的に好きな音楽や、情熱を傾ける写真のことまで語ります。

監督: ト―ベン・ヤーコブセン (2019)

マルクス・ヴァイトマン

© 2019 Berlin Phil Media GmbH

おすすめ映像

ヘルプ お問い合わせ
ご利用方法 ニュースレター 教育機関用アクセス ご利用料金について クーポン券
会社情報 ご利用規約 プライバシーポリシー