『光の中のベルリンー黄金の20年代の物語』

歴史的な映像とクルト・ヴァイルの音楽を背景に、女優のダグマー・マンツェルが1920年代のベルリンの物語を語ります。「黄金の20年代」と呼ばれたベルリンの1920年代は、経済的な困窮と不安定な政治状況にも関わらず、先端的な芸術が開花しました。『光の中のベルリン』は、1928年に開催されたフェスティバルのタイトルで、ヴァイルとブレヒトが同名のキャッチーな曲を寄せています。

監督: アンドレアス・モレル (2021)

ダグマー・マンツェル

© 2021 Stiftung Berliner Philharmoniker

おすすめ映像

ヘルプ お問い合わせ
ご利用方法 ニュースレター 教育機関用アクセス ご利用料金について クーポン券
会社情報 ご利用規約 プライバシーポリシー