作曲家とその人生 - フェリックス・メンデルスゾーン 第3部:名声の頂点へ

フェリックス・メンデルスゾーンは、1835年にライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団のカペルマイスターに任命されたとき、ヨーロッパでもっとも有名な作曲家でした。メンデルスゾーンはどのようにして音楽業界をプロ化したのか、かの有名なヴァイオリン協奏曲はなぜ何年もスケッチのままだったのか……。ベルリン・フィル打楽器奏者のジーモン・レスラーが語る「作曲家とその人生」第3部の完結編をご覧ください。

ジーモン・レスラー

© 2022 Berlin Phil Media GmbH

おすすめ映像

ヘルプ お問い合わせ
ご利用方法 ニュースレター 教育機関用アクセス ご利用料金について クーポン券
会社情報 ご利用規約 プライバシーポリシー