マグダレーナ・コジェナー(聞き手:ジョナサン・ケリー)

チェコの指揮者トマーシュ・ネトピルがベルリン・フィルにデビューしました。お国もののドヴォルザークの交響曲第7番のほか、マルティヌーのオペラ《ジュリエッタ》からの断章という知られざる作品を指揮しています。後者ではソプラノのマグダレーナ・コジェナーがタイトルロールを務めました。インタビューの聞き手は、ベルリン・フィルのソロ・オーボエ奏者、ジョナサン・ケリーです。

関連コンサート

おすすめ映像

ヘルプ お問い合わせ
ご利用方法 ニュースレター 教育機関用アクセス ご利用料金について クーポン券
会社情報 ご利用規約 プライバシーポリシー