インタビュー
2010年10月2日

マグダレーナ・コジェナー(聞き手:ジョナサン・ケリー) (18分)

チェコの指揮者トマーシュ・ネトピルがベルリン・フィルにデビューしました。お国もののドヴォルザークの交響曲第7番のほか、マルティヌーのオペラ《ジュリエッタ》からの断章という知られざる作品を指揮しています。後者ではソプラノのマグダレーナ・コジェナーがタイトルロールを務めました。インタビューの聞き手は、ベルリン・フィルのソロ・オーボエ奏者、ジョナサン・ケリーです。

コンサート