年末年始キャンペーン!
特典2枚組DVD「ラトル指揮マーラー交響曲集」付き12ヵ月チケット/19,500円
注文はこちらから

2010年10月2日

ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
トマーシュ・ネトピル

マグダレーナ・コジェナー

  • ボフスラフ・マルティヌー
    歌劇《ジュリエッタ》からの断章 (46分)

    マグダレーナ・コジェナーメゾソプラノ/ジュリエッタ), スティーヴ・ダヴィスリムテノール/ミヘル), ミシェル・ラグランジュソプラノ), バーバラ・キントソプラノ), イザベル・フォスキューラーソプラノ), クリスティーナ・ザイフェルトメゾソプラノ), ベッティーナ・ピークアルト), フレデリック・ゴンサオヴィスバスバリトン), ルネ・シラーバス

  • アントニン・ドヴォルザーク
    交響曲第7番 (44分)

  • 無料映像

    マグダレーナ・コジェナー(聞き手:ジョナサン・ケリー) (18分)

チェコの指揮者トマーシュ・ネトピルがベルリン・フィルにデビューしました。お国もののドヴォルザークの交響曲第7番のほか、マルティヌーのオペラ《ジュリエッタ》からの断章という知られざる作品を指揮しています。後者ではソプラノのマグダレーナ・コジェナーがタイトルロールを務めました。

Magdalena Kožená appears by kind permission of Deutsche Grammophon.

映像を観る

無料でお試し視聴!

無料でお試し視聴!

ラトル指揮によるベートーヴェン「交響曲第4&7番」を無料でご覧ください。

無料お試し視聴する