インタビュー
2019年9月21日

アリス=紗良・オット サントゥ=マティアス・ロウヴァリ(聞き手:ヴェンツェル・フックス) (17分)

ピアニストのアリス=紗良・オットと指揮者のサントゥ=マティアス・ロウヴァリが、ベルリン・フィルにデビューしました。2人はラヴェルのピアノ協奏曲を共演したほか、フィンランド出身のロウヴァリがシベリウスの第1交響曲とクラミの《カレワラ》組曲というお国もののの演目を指揮しました。インタビューの聞き手は、ベルリン・フィルのソロ・クラリネット奏者、ヴェンツェル・フックスです。

コンサート