インタビュー
2013年11月2日

サー・サイモン・ラトル、シューマンの交響曲について語る (11分)

サー・サイモン・ラトルがシューマンの2つの交響曲を指揮しました。第4番は上演が稀な1841年の初稿版で演奏されますが、その透明な響きからブラームスも初稿版の方を好んでいました。プロコフィエフのヴァイオリン協奏曲第1番でソロを担うのは、第1コンサートマスターの樫本大進。同年11月の日本ツアーでも披露されたプログラムをぜひお楽しみください。

コンサート