インタビュー
2015年4月11日

ジョイス・ディドナート(聞き手:トビアス・メラー) (15分)

サー・サイモン・ラトル指揮ベルリン・フィルが、ベルリオーズの《ファウストの劫罰》を上演しました。作曲家自身がテキストを書き、シェークスピア的な手法で登場人物の情熱と奇怪さに焦点を当てて完成させた大作を、メゾソプラノのジョイス・ディドナート(マルグリート)、テノールのチャールズ・カストロノーヴァ(ファウスト)らのソリストによる理想的な布陣でお楽しみいただけます。ディドナートは、今回が待望のベルリン・フィル・デビュー。華やかで知性に溢れた歌いぶりに、陶然とさせられます。インタビューの聞き手は、デジタル・コンサートホール制作チームの一人、トビアス・メラーです。

コンサート