マティアス・ピンチャー(聞き手:ラファエル・ヘーガー)

マティアス・ピンチャーはイェルク・ヴィットマンと並んでドイツの若手作曲家を代表する存在。2013年にアンサンブル・アンテルコンタンポランの音楽監督に任命されるなど、エキサイティングな指揮者としても知られています。その彼がフォーレの《ペレアスとメリザンド》組曲、シェーンベルクの室内交響曲第2番、ドビュッシーの《海》、さらに自作のヴァイオリン協奏曲を指揮して、ベルリン・フィルにデビューを果たしました。ソロは、フランスの中堅ルノー・カピュソンです。ベルリン・フィルの打楽器奏者、ラファエル・ヘーガーがインタビューの聞き手を務めています。

関連コンサート

おすすめ映像

ヘルプ お問い合わせ
ご利用方法 ニュースレター 教育機関用アクセス ご利用料金について クーポン券
会社情報 ご利用規約 プライバシーポリシー