インタビュー
2019年10月16日

エマニュエル・アイム(聞き手:ジョナサン・ケリー) (19分)

古楽系指揮者エマニュエル・アイムが客演する公演では、パーセルとヘンデルに主眼が置かれます。ヘンデルでは名高い「王宮の花火の音楽」のほか、初期のカンタータ「アポロとダフネ」が上演。後者は極めて技巧的なアリアを持ち、ヘンデルのイタリア音楽への憧憬が表れています。ソプラノのルーシー・クロウとバリトンのフロリアン・センペイの歌唱にもご期待ください。インタビューの聞き手は、ベルリン・フィルのソロ・オーボエ奏者、ジョナサン・ケリーです。

コンサート