アンナ・ヴィニツカヤ(聞き手:ラファエル・ヘーガー)

ロシア出身のピアニスト、アンナ・ヴィニツカヤがベルリン・フィルへのデビュー公演でプロコフィエフのピアノ協奏曲第2番を弾きました。超絶技巧が求められ、ロマン的要素と同時に前衛性も併せ持つ作品です。インタビューの聞き手は、ベルリン・フィルの打楽器奏者、ラファエル・ヘーガーです。

© 2019 Berlin Phil Media GmbH

関連コンサート

おすすめ映像

ヘルプ お問い合わせ
ご利用方法 ニュースレター 教育機関用アクセス ご利用料金について クーポン券
会社情報 ご利用規約 プライバシーポリシー