アダム・フィッシャー(聞き手:ラファエル・ヘーガー)

2021年10月、アダム・フィッシャーがウィーン古典派の代表的存在であるモーツァルトとハイドンのプログラムを指揮しました。ここではフィッシャーがこの2人の作曲家になぜ惹かれるのかを語っています。聞き手は、ベルリン・フィルの打楽器奏者、ラファエル・ヘーガーです。

© 2021 Berlin Phil Media GmbH

関連コンサート

おすすめ映像

ヘルプ お問い合わせ
ご利用方法 ニュースレター 教育機関用アクセス ご利用料金について クーポン券
会社情報 ご利用規約 プライバシーポリシー