キリル・ゲルシュタイン(聞き手:ラファエル・ヘーガー)

セミヨン・ビシュコフのロシアものプログラムです。チャイコフスキーの交響曲第3番は、彼の交響曲としては唯一長調で始まるもので、5楽章という特殊な構成で書かれています。ラフマニノフのピアノ協奏曲第2番でベルリン・フィル・デビューを飾ったのは、キリル・ゲルシュタインです。ベルリン・フィルの打楽器奏者、アンドレアス・ヘーガーがインタビューの聞き手を務めています。

関連コンサート

カテゴリー

アーティスト

キリル・ゲルシュタイン ピアノ
ラファエル・ヘーガー 打楽器

おすすめ映像

ヘルプ お問い合わせ
ご利用方法 ニュースレター 教育機関用アクセス ご利用料金 クーポン券
会社情報 ご利用規約 プライバシーポリシー