インタビュー
2021年3月3日

パーヴォ・ヤルヴィ(聞き手:ラファエル・ヘーガー) (15分)

パーヴォ・ヤルヴィ指揮の演奏会では、ピアニストのイゴール・レヴィットがベルリン・フィルに本拠地デビューしました。演目はベートーヴェンのピアノ協奏曲の集大成となった第5番。後半では第2次世界大戦の悲劇を内面的に描いたプロコフィエフの交響曲第6番が取り上げられています。その作品番号(111番)は、ベートーヴェンのピアノ・ソナタ第32番を彷彿とさせるもので、プロコフィエフがこのウィーン古典派の大作曲家を敬愛していたことを反映しています。インタビューの聞き手は、ベルリン・フィルの打楽器奏者、ラファエル・ヘーガーです。

コンサート