ソフィア・グバイドゥーリナ(聞き手:マルガレーテ・ツァンダー)

2009年9月のベルリン音楽祭ではショスタコーヴィチの作品が集中的に取り上げられました。ここではグスターボ・ドゥダメルが交響曲第12番を指揮しましたが、ベルリン・フィルがこの曲を演奏するのは実はこの時が初めてでした。グバイドゥーリナが2007年に作曲した〈グロリアス・パーカッション〉では、5人の打楽器ソリストによる多様な響きと効果に耳を奪われます。インタビューでは、ジャーナリストのマレガレーテ・ツァンダーが聞き手を務めています。

関連コンサート

おすすめ映像

ヘルプ お問い合わせ
ご利用方法 ニュースレター 教育機関用アクセス ご利用料金について クーポン券
会社情報 ご利用規約 プライバシーポリシー