インタビュー
2009年12月12日

クリスティアン・ティーレマン(聞き手:サラ・ウィリス) (16分)

ブラームスは生涯を通じて感情表現豊かな合唱曲を書き続けました。クリスティアン・ティーレマン指揮の演奏会では、哀悼の歌、運命の歌、運命の女神たちの歌という特に優れた3曲が演奏されます。メインプログラムは、シェーンベルクの後期ロマン派の大作、交響詩《ペレアスとメリザンド》です。インタビューでは、ベルリン・フィルのホルン奏者、サラ・ウィリスが聞き手を務めています。

コンサート