インタビュー
2017年12月16日

クリスティアン・ティーレマン(聞き手:ライマー・オルロフスキー) (18分)

クリスティアン・ティーレマンがベートーヴェンの「ミサ・ソレムニス」を指揮しました。この曲は、作曲家最晩年の大作であると同時に、解釈が非常に難しいことでも知られますが、それだけに指揮者の力量が問われます。ティーレマンの演奏は、「ドイツ的で重厚な演奏をする」という風評とは裏腹に、むしろ早めとも言えるテンポ。意外にも、流れと明快さを意識した解釈となっています。これだから、ティーレマンは一筋縄では語れません!ソリストには、ルバ・オルゴナーショヴァ、エリーザベト・クルマン、ダニエル・ベーレ、フランツ=ヨーゼフ・ゼーリヒの一流どころが迎えられています。インタビューの聞き手は、ベルリン・フィル、第2ヴァイオリン奏者のライマー・オルロフスキーです。

コンサート