アーティスト

クリスティアン・ティーレマン

指揮

クリスティアン・ティーレマンは、若き頃ヘルベルト・フォン・カラヤンのアシスタントとして、またオーケストラアカデミーのヴィオラ奏者として、早い時期からベルリン・フィルとのつながりを持っていた。1996年に指揮者としてデビューした以降も、ベルリン・フィルとは密接な芸術パートナーである。これまでドイツ・オーストリア、フランス、イタリア、ロシアのレパートリーで共演を重ねているが、中でも彼のブルックナーの解釈は暗く燃えるような響きと作品の巨大さを浮かび上がられる構築性により、高い評価を得ている。

1988年にニュルンベルクでドイツで最年少の音楽総監督に就任し、これまでベルリン・ドイツ・オペラ、ミュンヘン・フィルの首席指揮者を歴任。2012年からはドレスデン・シュターツカペレの同ポジションにある。ティーレマンにとって特に重要なレパートリーは、ワーグナーとR・シュトラウスのオペラであり、ウィーン国立歌劇場やメトロポリタン歌劇場といった著名な劇場で指揮している。2000年にはバイロイト音楽祭にデビューし、2006年の《ニュルンベルクの指環》など数多くのプロダクションに携わってきた。2015年からは同音楽祭の芸術監督を務めている。

コンサート映像

全16件を表示

ドキュメンタリー

インタビュー

全12件を表示
ヘルプ お問い合わせ
ご利用方法 ニュースレター 教育機関用アクセス ご利用料金について クーポン券
会社情報 ご利用規約 プライバシーポリシー