インタビュー
2011年5月7日

クリスティアン・ティーレマン、ルネ・フレミング、トーマス・ハンプソン(聞き手:サラ・ウィリス) (20分)

クリスティアン・ティーレマンは、リヒャルト・シュトラウスのスペシャリストとして広く知られています。この演奏会の中継では、その資質が満喫できるオール・シュトラウス・プロ。演奏機会の極めて稀な《ウィーン市の祝典曲》と《祝典前奏曲》に挟まれて、オペラ《アラベラ》の抜粋とオーケストラ歌曲が演奏されました。ソロは、アメリカを代表する2人の名歌手、ルネ・フレミングとトーマス・ハンプソンが務めています。インタビューの聞き手は、ベルリン・フィルのホルン奏者、サラ・ウィリスです。

コンサート