インタビュー
2010年1月10日

エレーヌ・グリモー トゥガン・ソヒエフ(聞き手:エマニュエル・パユ) (15分)

エレーヌ・グリモーが、トゥガン・ソヒエフ指揮ベルリン・フィルとラヴェルのピアノ協奏曲を共演しました。ジャズの響きから繊細なカンティレーネまで、この曲の多彩な顔に光を当てた優れた出来栄えになっています。ソヒエフは、ベルリン・フィル・デビューのこの公演で、後半にラフマニノフの交響曲第2番を指揮しています。インタビューでは、ベルリン・フィルのソロ・フルート奏者、エマニュエル・パユが聞き手を務めました。

コンサート