アーティスト

トゥガン・ソヒエフ

指揮

2010年にベルリン・フィルにデビューしたトゥガン・ソヒエフは、すぐに再び招聘された。2019年はこのオーケストラとツアーを行い、シーズン最後のヴァルトビューネ・コンサートも指揮している。

伝説的な指揮者イリヤ・ムーシンの最後の弟子であるトゥガン・ソヒエフは、世界有数のオペラハウスやオーケストラより招かれている。2014年初頭からモスクワのボリショイ劇場の音楽監督を務めるほか、2008年からトゥールーズ・キャピトル国立管弦楽団を率いている。過去にベルリン・ドイツ交響楽団の首席指揮者を務めたほか、シカゴ交響楽団やライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団に客演し、大きな成功を収めた。また、フィラデルフィア管弦楽団、フィルハーモニア管弦楽団をはじめ、ヨーロッパ、アジア、アメリカの一流オーケストラと数多く共演している。オペラ指揮者としては、2002年にウェールズ・ナショナル・オペラに《ラ・ボエーム》でデビューした。その1年後、ニューヨークのメトロポリタン歌劇場に《エフゲニー・オネーギン》でデビューした。その後、エクサン・プロヴァンス音楽祭、マドリードのテアトロ・レアル、ヒューストン・グランド・オペラ、マリインスキー劇場、ウィーン国立歌劇場などで数多くのオペラを指揮している。

今後のライブ中継

コンサート映像

全11件を表示

インタビュー

ヘルプ お問い合わせ
ご利用方法 ニュースレター 教育機関用アクセス ご利用料金について クーポン券
会社情報 ご利用規約 プライバシーポリシー