インタビュー
2013年2月9日

マンフレート・ホーネック(聞き手:シュテファン・コンツ) (19分)

アンネ=ゾフィ・ムターとベルリン・フィルとの共演は、今日に至るまでシーズンの一つのハイライトとして注目を集めてきました。1977年のデビュー以来、彼女ほどベルリン・フィルと密接にキャリアを重ねてきた音楽家は稀でしょう。マンフレート・ホーネックのベルリン・フィルへのデビューとなった本公演では、ドヴォルザークのヴァイオリン協奏曲とルトスワフスキの管弦楽のための協奏曲が取り上げられています。インタビューの聞き手は、ベルリン・フィルのチェロ奏者、シュテファン・コンツです。

コンサート