インタビュー
2013年2月22日

ミクローシュ・ペレーニ(聞き手:マルティン・メンキング) (13分)

サイモン・ラトルはアンリ・デュティユーの作品をすでに何度も取り上げていますが、今回演奏される《メタボール》は輝かしいオーケストレーションによる一種の変奏作品です。このほか、ハンガリー出身の名手ミクローシュ・ペレーニがソロを務めるルトスワフスキのチェロ協奏曲、さまざまな音楽の力が交互にせめぎあい、輝かしいフィナーレを迎えるシューマンの交響曲第2番が取り上げられます。インタビューの聞き手は、ベルリン・フィルのチェロ奏者、マルティン・メンキングです。

コンサート