インタビュー
2013年9月28日

ダニエル・ハーディング(聞き手:レイチェル・ヘラー) (17分)

ダニエル・ハーディングは、そのキャリアの初期、サー・サイモン・ラトルとクラウディオ・アバドという2人の偉大な指揮者の庇護の元にありました。現在はスウェーデン放送交響楽団の音楽監督、ロンドン交響楽団の首席客演指揮者などを務め、もっとも将来性豊かな若い世代の指揮者の一人に数えられるでしょう。今回演奏されたマーラーの交響曲第10番は、ウィーン・フィルやロサンゼルス・フィルのデビューといった、重要なキャリアの節目でハーディングが指揮してきた作品です。インタビューの聞き手は、ベルリン・フィルのチェロ奏者、レイチェル・ヘリョアーです。

コンサート