ラトル指揮によるデュティユー、ルトスワフスキ、そしてシューマンの交響曲第2番

2013年2月22日

ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
サー・サイモン・ラトル

ミクローシュ・ペレーニ

  • アンリ・デュティユー
    大管弦楽のための《メタボール》 (18分)

  • ヴィトルト・ルトスワフスキ
    チェロと管弦楽のための協奏曲 (33分)

    ミクローシュ・ペレーニチェロ

  • ローベルト・シューマン
    交響曲第2番ハ長調 (43分)

  • 無料映像

    ミクローシュ・ペレーニ(聞き手:マルティン・メンキング) (13分)

サイモン・ラトルはアンリ・デュティユーの作品をすでに何度も取り上げています。今回演奏される《メタボール》は輝かしいオーケストレーションによる一種の変奏作品で、1964年クリーブランド管弦楽団の委嘱により書かれました。オーケストラのためのヴィルトゥオーゾ協奏曲でもあり、木管、弦楽器、金管、打楽器といったさまざまなグループが次々に表に出ては、名人芸を披露します。

続くヴィトルト・ルトスワフスキのチェロ協奏曲では、ハンガリー出身の名手ミクローシュ・ペレーニがソロを務めます。ルトスワフスキはスターリン時代のポーランドで形式主義者との烙印を押されました。印象主義的な微光と感情の爆発との間を揺れ動くこの曲は、ルトスワフスキ自身の言葉によると、個人と社会の関係における「一種の闘争」をテーマにしたもので、結果は明らかにされないまま終わります。

それとは対照的に、メインプログラムのローベルト・シューマン作曲の交響曲第2番では、さまざまな音楽の力が交互にせめぎあい、輝かしいフィナーレを迎えます。この終楽章の変化に富んだ着想は、エルンスト・ゴットシャルトが『新音楽時報』で述べた言葉によると、「内なる精神的な帯によってつなぎ合わさっている」。1846年11月5日の初演で成功を収め、同時代の人々がシューマンを「ベートーヴェンの後継者たるにふさわしい」と明言したのも故なきことではありませんでした。

Schumann cycleシューマン交響曲全集(CD/BD)をオンラインショップでお求めください。

映像を観る

無料でお試し視聴!

無料でお試し視聴!

ラトル指揮によるベートーヴェン「交響曲第4&7番」を無料でご覧ください。

無料お試し視聴する