チョ・ソンジン(聞き手:伊藤マレーネ)

韓国のピアニスト、チョ・ソンジンがベルリン・フィルにデビューしました。この演奏会は、ラン・ランをソリストとして予定されていましたが、彼のキャンセルを受けて、2015年ショパン国際コンクールで優勝した彼が、ラヴェルのピアノ協奏曲を演奏。またR・シュトラウスの《ドン・ファン》、ブラームスの第4交響曲という、2017年来日公演と同じプログラムがラトルの指揮で演奏されています。インタビューでは、ベルリン・フィル第2ヴァイオリン奏者の伊藤真麗音(マレーネ)が聞き手を務めています。

© 2017 Berlin Phil Media GmbH

関連コンサート

おすすめ映像

ヘルプ お問い合わせ
ご利用方法 ニュースレター 教育機関用アクセス ご利用料金について クーポン券
会社情報 ご利用規約 プライバシーポリシー