インタビュー
2018年12月31日

バレンボイムとベルリン・フィルのメンバーによる解説 (15分)

2018年のジルベスター・コンサートに、ダニエル・バレンボイムが登場しました。前半ではモーツァルトのピアノ協奏曲第26番《戴冠式》を弾き振りし、その後ラヴェルの管弦楽作品《スペイン狂詩曲》、《道化師の朝の歌》、《亡き王女のためのパヴァーヌ》、《ボレロ》を立て続けに指揮。アンコールに演奏されたビゼー《カルメン》からの抜粋もスペイン情緒にあふれ、こちらも大晦日にふさわしい音のご馳走です。ここではバレンボイムと樫本大進らベルリン・フィルのメンバーが、演奏される作品について自由に語っています。

コンサート