2018年12月31日
ジルベスター・コンサート2018

ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
ダニエル・バレンボイム

  • ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト
    ピアノ協奏曲第26番ニ長調《戴冠式》 (34分)

    ダニエル・バレンボイムピアノ

  • モーリス・ラヴェル
    《スペイン狂詩曲》(管弦楽版) (17分)

  • モーリス・ラヴェル
    《道化師の朝の歌》(管弦楽版) (9分)

  • モーリス・ラヴェル
    《亡き王女のためのパヴァーヌ》(管弦楽版) (7分)

  • モーリス・ラヴェル
    《ボレロ》 (15分)

  • ジョルジュ・ビゼー
    《カルメン》より抜粋 (11分)

  • 無料映像

    バレンボイムとベルリン・フィルのメンバーによる解説 (15分)

2018年のジルベスター・コンサートに、ダニエル・バレンボイムが登場しました。前半ではモーツァルトのピアノ協奏曲第26番《戴冠式》を弾き振りし、その後ラヴェルの管弦楽作品《スペイン狂詩曲》、《道化師の朝の歌》、《亡き王女のためのパヴァーヌ》、《ボレロ》を指揮。ラヴェル作品の多くは「スペイン」がモチーフになっており、バレンボイム曰く「それらをひとつのスペイン風交響曲として演奏する」ことで圧巻の盛り上がりを見せます。ラトル時代のジルベスター・コンサートは、複数の作曲家のダンス音楽がコンセプトになっていましたが、今回はラヴェルとモーツァルトというシンプルな構成が持ち味。アンコールに演奏されたビゼー《カルメン》からの抜粋もスペイン情緒にあふれ、こちらも大晦日にふさわしい音のご馳走です。

Deutsche GrammophonWith the kind support of Deutsche Grammophon Gesellschaft

 

EuroArts

© 2018 EuroArts Music International

映像を観る

無料でお試し視聴!

無料でお試し視聴!

ラトル指揮によるベートーヴェン「交響曲第4&7番」を無料でご覧ください。

無料お試し視聴する